おいらん道中

享保以降花魁は、新造や禿を従えながら、抱え主の家から揚屋までを道中しました。、「外八文字」 を描きながら商店街をしゃなりしゃなりと練り歩きます。艶やか花魁衣裳は約20kgもの重量があり、高下駄は15cm以上の高さがあります。1般公募で選ばれた20人の女性が扮し、前夜祭も含め延べ7回の「おいらん道中」が行なわれます。久しぶり!

2016・10・15撮影
 (画像クリックすると拡大します)

HOME ALBUM4