ERIKA CUP YACHT RACE
第29回ラグーナ・マリーナ沖

昭和56年7月23日、愛知県常滑市を出港した「エリカ号」は、4年9ヶ月をかけて世界25カ国、100以上の港を訪問、昭和61年4月13日、蒲郡に帰ってきました。この帰港を記念して始めた
エリカカップは、国内最大級のヨットレースとしてヨットマンのみならず市民に親しまれて多数の応援団が、今年で29回を迎えましたが残念ながら小雨降る中の初撮影でしたが最高でした

2015・05・24撮影
 (画像クリックすると拡大します)

HOME ALBUM4